LOVE犬 ビーグル・アッシュとの毎日。
「あなたの犬は幸せですか」
あなたの犬は幸せですか
あなたの犬は幸せですか
C. ミラン,メリッサ・J・ペルティエ

そもそも、あたしに一番欠けている部分。
それは何かと尋ねたら!!
オーイエー。それはリーダーシップ。なのよ。


シーザー・ミラン氏は、“穏やかで毅然としたエネルギー”を発する一貫したリーダーシップこそが、犬を安心させ、安定させる鍵だと言います。
居丈高になったり高圧的に振舞ったりする必要は無く、(むしろ内心ビビリながらの高圧的な態度は犬にはバレバレなので)確固たる自信を持った、頼れるリーダーを犬は求めているのだと。

[穏やかで毅然としたエネルギー]
[威したり怖がらせるんじゃなく、犬に認められるリーダーシップ]
[甘やかしたり、擬人化することなく、犬を犬として正しく認識して接する]


この本を読んで思ったことは、アッシュのちゅっちゅ依存も、知らない道キョーフ症も、大きな原因は人間側(あたし)にあるんじゃ…ってこと。
この本に書いてある、「不健康な執着・固執」が、アッシュのちゅっちゅ依存の様子そのものなんだもの…。カワイイカワイイと思って見過ごしてきたけど、なんかやるせない感情の捌け口だったんだろうか。
知らない道や聞きなれない音に異常に過敏なのも、不安定な気持ちの表れだったんだろうか。

そんなこんなの原因としては、子犬期の社会化不足もあるだろうし、持って生まれた気質もあるだろうけど、それだけでなく、自分自身に思い当たることに、具体的に気付かせてくれました。


原題に“Cesar’s Way”とあるように、この本にはシーザー・ミラン氏の考える犬との接し方が書かれています。
リードをつけない30匹からの犬の群れを率いて、コントロールすることが出来るシーザー氏。
犬たちの中には、深刻な問題行動からリハビリした犬もいます。
なぜそんなことが出来るのか!?
どうすれば、犬からの自発的な尊敬を勝ち得ることが?
たった一匹、しかも小さな頃から自分で育てたLOVE犬ちゃんからすら、尊敬されてるかと言われると甚だ疑問なあたしも、頼れるリーダーになれるの、いまさら!?


シーザー氏は、大切なのは、[運動、規律、愛情]だと言います。
順番もこの通りで、一番大事なのが運動であり、次が規律だと。
愛情は、もちろん欠かすことが出来ない大切なものではあるけれど、まず運動、次に規律で、それが満たされてから与えるべきものだと。

思うままにベイビー扱いしてやみくもに可愛がる前に、犬は動物であり、その動物に必要な運動を与えてやることが一番大事なのだと。
問題行動の多くは、運動不足から来るフラストレーションに原因があるそう。
雷やなんかのキョーフ症だって、雷が鳴ってるそのとき、たっぷり運動した後で身体が疲れてたらリラックスしていられる。
心地よい疲労はリラックスにつながり、犬の気持ちも安定する。
安定しているときに、例えば雷が鳴っても普通にスルー出来れば、必要以上に怖がらなくてよいものだと学習出来る。

バスケットいっぱいのオモチャよりも、少しでも多くの運動。
犬は群れで移動する欲求がDNAに刻み込まれてる。
だから、飼い主といっしょに歩くことで、群れとしての意識と絆が築かれてゆくのらしいのだ。
だから、運動と言っても、ボール投げとかじゃなくて、歩くこと!
とにかく一緒に歩くこと!

そして大切なのが、その運動のときにこそ[穏やかで毅然としたエネルギー]を発して、犬を導くリーダーになること。
そのエネルギーは、運動のときだけでなく、犬に向けては常時オーラのように発してないといけないんだと。

なんかね…これ、簡単なようで本当に難しいことです。
我が身を振り返るにつけ、ワチャワチャと騒がしく、甘く、いい加減…。
[穏やか]も[毅然]も、ついでに[規律]も欠落しちょる…。
年中無休のリーダーなんて、あたしに務まるんだろうか。でも、心から頼ることができて、「この人といたらダイジョーブ!」って信じられる人間といることが、犬の心身の安定に繋がるんだよ!!って、シーザー氏は言うのです。

いきなり尊敬してもらう(←この低姿勢がすでにダメっぽ…)のは難しそうだが、まずは出来ることからやってみよう!とゆーわけで、このところの絶賛散歩キャンペーン開催中!だったのです。じゃじゃーん。


飼い主としてあたしが忘れちゃいかんことは、アッシュは犬であり、アッシュが望むものや求めてる安心は、あたしの望みと同じでは無いんだとゆーことなのだ。
今のアッシュに困らされることは殆ど無いので、暴走・溺愛・悶絶ドルチェヴィータをこのまま満喫していたいんだけど、やっぱりアッシュにとっての幸せと満足と、心の平安を与えることを目標にしたいです。
時間はかかっても、いつかあたしも、アッシュの頼れるリーダーになれたらいーな。
アッシュともっといっぱい歩いて、落ち着いてて穏やかで、毅然としたイカス飼い主になる練習を、あたしもしよう。
筋力UPで、引き締まったフトモモ&尻を手に入れるとゆー個人的な二次目標もひそかに抱きつつ…。
あたしの犬は幸せです、と自信を持って言えるようになりたい。


本だけではイメージしづらいその[エネルギー]ですが、BSでシーザー氏の番組が放映されてるらしいので、興味を持たれた方はご覧になっては如何でしょう?

…あたし?

もちろんシーザー氏の発する[エネルギー]を実際の映像で見てみたい!
ですが…いかんせん、BS無いんですよ、うち…。
トホホ。
D-BOOKS comments(2) - 昨年の記事
スポンサーサイト
- - - 
Comment








ご無沙汰してます。今更ですが今年もヨロシクです。
『絶賛散歩キャンペーン開催中』だからもしかして、読んだのかなって思ってました。
実は私もこの本読んで『お散歩強化中』なんです(笑)
[穏やかで毅然とした態度]って難しいですね。
BSで番組見ましたが、シーザー氏はすごいです。
彼のようにはなれそうもありません。
でも私は、私らしいチョコのリーダーになれればいいかなって思ってます。
ただ問題は私が飽きっぽいこと。。。(笑)
お互いに良いリーダーになれるように頑張りましょうね。
P.S 今「犬も平気でうそをつく?」を読んでます。
from. チョコ母 | 2007/02/01 22:43 |
*チョコ母さんへ*
こちらこそ、どうぞよろしくデス!
うわぁぁv 今、チョコちゃんブログ拝見してきました!
チョコ母さんも、お読みになってたんですねー!
そうです、あたしの散歩強化キャンペーンも、シーザー氏の影響なのでしたー。
「穏やかで毅然とした態度」は、なかなかむつかしっそうですが、出来るところから始めてみよう!と思いまして。
チョコ母さんちには、BSがあるんですねー。いいなぁ・・。動くシーザー氏の「穏やかで毅然としたエネルギー」ってどんなのか、あたしも見てみたいです。
飽きっぽさでは、絶対あたしは負ける気がしませんよ(笑
でも、お互い、LOVE犬ちゃんの心身ともに幸せな生活のために頑張りましょう!
「犬も平気で・・」の「おわりに」のエピソードがすごくかわいくて大好きなんです!
from. あや | 2007/02/02 23:05 |
<< かくれんぼ。 | TOP | 文明人として恥ずべき行為。 >>